阿炎(相撲)SNS研修や不適切な動画の炎上内容など問題まとめ

スポーツ
スポンサーリンク

大相撲7月場所に出場中の阿炎が不適切行動のため休場とのニュースがありました。

阿炎は以前から問題を起こし何度か話題になっていますが、今回はお客さんと会食に行き師匠の錣山親方から休場させられたとのことです。

そこで今回は今までに阿炎の起こした問題行動についてまとめてみます。

スポンサーリンク

お客さんとの会食で休場

これは今回ニュースになった問題ですが、不適切行動により7月場所の7日目を休場したと錣山親方が発表しました。

内容的には、数人のお客さんと会食に行ったことが問題になったようです。

普段であれば特に問題にはなりませんが、現在は相撲協会がコロナ対策のガイドラインとして力士に体調管理表を毎日提出させる・支度部屋でもマスクをつけさせるなど日々徹底していました。

そういったことを行ったうえで半年ぶりに観客を入れての相撲7月場所を開催していたのですが、このタイミングでのそういった行動に錣山親方が休場させるとの判断に至った模様です。

理由としては、他の力士と接触させずPCR検査の結果がでるまで休場させるとのことです。

一緒に会食したお客さんは誰

ちなみに数人のお客さんはタニマチ(ひいきにしてくれたり後援してくれる客)なのではとツイッターでは話題になっています。

こういった時期とは分かっていてもそういったお客さんから誘われて断れなかったのかもしれませんね。

不適切な動画をインスタ投稿し炎上

2019年11月に阿炎と若元春がインスタのストーリーにある動画を投稿しました。

その内容は、阿炎と若元春がガムテープや紐といった道具で手足を縛られているものでいじめ等を連想するとのことで当時かなり炎上しました。

炎上した動画はこちらになります。↓

阿炎と若元春のそれぞれがお互いのインスタに動画をあげていたため、「仕返し!わら」という文章になっているみたいですね。

ご本人たちは楽しそうにしていますが、傍から見ている分にはあまり笑うことはできませんよね、、、

ていうか、パッとみ見た感じではいじめられているのでは?という風にとられても仕方なさそうです。

動画を投稿してすぐに炎上したのでこの動画は既に削除されていてます。

炎上したことに対してご本人たちは、お互いに支えあってきて兄弟のみたいに仲良くしています。僕らの関係を否定しないでくださいとのコメントを残しています。

この件をきっかけにそれぞれのインスタアカウントは削除されています。

力士のSNSが禁止に

インスタ炎上を受けて両力士には、厳重注意と反省文の提出で済み、今回のような場所の休場といった措置はとられていません。

しかし阿炎のインスタ炎上はかなり問題になったため相撲協会はこのときから力士の個人的なSNSの使用を禁止することにしました。

この間まで多くの問題があった相撲関係ですのでこういったことで話題になるのは、避けたいところですよね…。

SNS研修での発言が問題に

2020年の2月にインスタ炎上を受けて、相撲協会はSNS研修といったものを4日間開催しました。

SNSの研修だけで4日間と考えるとどれだけ問題になっていたか分かりますね。

しかし、検収が終わった後の阿炎の発言が各メディアでまた話題になったんです。

SNSは小結阿炎(25)の不謹慎な動画投稿を機に、個人による投稿が当面禁止となったが、講義を終えた阿炎は「爆睡していた」と発言。軽口のつもりとしても、協会との認識の相違が浮き彫りになった。

引用:サンスポ

こういった問題を起こした本人が「爆睡していた」との発言でさらに問題になりました。このときには意識が低い・自覚がないといった報道が各メディアで報道されていました。

メディアの偏向報道も

爆睡していたという発言をすれば、問題になるのは当たり前ですよね。

しかし、こういった発言には理由があったようです。

SNS研修の内容については、協会から「かん口令」が敷かれていたこともあり、「話したらいけないと言われているので…」と対応。それでも問題の当事者として、多くの報道陣に囲まれ、「寝ていたので覚えていません」と、けむに巻くしかなかった。

引用:スポーツ報知

キチンと前後の発言を見れば、そういうことか~と分りますが「寝ていたので覚えていません」という発言の部分だけだと誤解されてしまいます。

これは報道したメディアも悪いのではないかと思います。

まとめ

今回は、「阿炎(相撲)SNS研修や不適切な動画の炎上内容など問題まとめ」といことで力士の阿炎関が起こした問題についてまとめてみました。

阿炎は自覚がたりないと問題ばかり取り上げられてしまいますが、実力は申し分ないのでこれからも日々精進して頑張ってもらいたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました