静岡・沼津の横山トンネルが土砂崩れで通行止め!当時の天気・現場の状況は?画像は?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちは。

7月18日、静岡県沼津市にある横山トンネルが土砂崩れにより崩壊する事故がありました。

この影響で土砂崩れがあったトンネルが通行止めとなっているようです。

今現在はどういった状況なのでしょうか。

そこで今回は「横山トンネル(沼津)が土砂崩れで通行止め!当時の天気・現場の状況は?画像は?」と題しまして、当時の現場の状況とともに詳しくまとめてみます!

スポンサーリンク

概要

7月18日の午前7時10分ごろ、横山トンネルの沼津側で土砂崩れ起こり横山トンネルが通行止めになりました。

巻き込まれた車もありましたが、運転手の方は無事だったようで安心しました。

また、清水町への入り口は問題ないためトンネルに閉じ込められた人はいないようです。

土砂崩れが起こった横山トンネルの場所は?

何度もお伝えしていますが、今回の土砂崩れが発生した場所は静岡県沼津市の横山トンネルです。

横山トンネルは沼津市と清水町を繋いでいるトンネルで、崩壊現場は沼津市側だったとのことです。


トンネルの出入り口には学校や住宅もあり、この近辺に住む方の生活道路となっている道のようですね。

というか、崩落場所によっては住宅も被害を受ける場所もありそうです…。

この近くに住んでいる方たちが心配ですね。

当時の天気

18日午前7時ごろの沼津市の雨の状況ですが、

大雨・雷注意報に加え、洪水警報も発令されていたようです、

また1時間に23mmもの降水量があり、かなり大雨だったもようです。

現場の画像

木が完全にトンネルを塞いでいて、通行止め解除になるには時間がかかりそうですね。

この感じだとかなり凄い音がしたのではないでしょうかね。

現在の状況

現在の沼津市ですが、雨もやみ午後からの天気は曇りとなっているのでこれ以上大きな崩落などはなさそうです。

https://twitter.com/anjRider555/status/1284328605762248709?s=20

土砂崩れによる通行止めについてはまだ時間がかかっており現状では解除に時間がかかりそうです。

現場近くにお住まいの方は、大変かと思いますがお気を付けてください。

まとめ

今回は「横山トンネル(沼津)が土砂崩れで通行止め!当時の天気・現場の状況は?画像は?」と題しまして静岡県の横山トンネルで起こった土砂崩れについてまとめてみました。

最近の大雨被害は深夜や早朝など気づきにくい時間が多くて怖いですね…。

日本各地でずっと大雨が降り続いていますが、今後も大雨への警戒が必要です。みなさんも安全に気を付けて過ごしてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました