ファイナルソード動画まとめ!ゼルダのBGMパクりやクソゲーと話題!スイッチ配信停止に

ゲーム
スポンサーリンク

こんにちは!

7月2日にニンテンドースイッチで発売された「ファイナルソード」が話題になっています!

内容的には最近流行っているオープンワールドのゲームで、お値段も1890円と特に高いわけでもないです。

そんなに問題になるほどのことかなと思っていましたがとにかく調べてみるとかなりヤバいです(笑)

今回は「ファイナルソード動画まとめ!ゼルダのBGMパクりやクソゲーと話題に!」と題して、ファイナルソードについてまとめてみたのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ファイナルソードについて

ファイナルソードは任天堂スイッチ向けに販売されたのオープンワールドゲームです。

『ファイナルソード』

ジャンル:アクションRPG

販売日:2020年7月2日

価格:1980円

販売会社:エイチユーピーゲームズ

HUPゲームズという会社は、2019年にできた海外のメーカーのようで他にどういったゲームがあるのかなど詳しい情報は分かりませんでした。

画面を見ると少し昔のゲームという感じですが、RPGゲームって感じで面白そうですね!

まぁ、そうはいっても内容が問題なので次からは話題になっている点についてお話します。

ゼルダのパクり疑惑

もっとも話題になっていたのが、大人気ゲームのゼルダの伝説をもろパクりしているのではないかという点です。

ゲームのタイトル画面がかなり怪しいのですが、実際にご覧ください。

『ファイナルソード』

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

雰囲気めちゃくちゃ似てますよね!!!(笑)

タイトル画面ならたまたまかな~ってなるかもしれませんが、さらに問題なのはBGMですね。

『ファイナルソード』

『ゼルダの伝説 ゼルダの子守唄』

ゼルダの子守唄 – ゼルダの伝説 時のオカリナ3D

最初からそっくりじゃないですか⁉

ゼルダの伝説をプレイしたことがあるひとならすぐに分かったはずです。

ゼルダのパクりだけではなくクソゲーと他にも話題になっている個所があるので次にいきますね。

ゲーム内容がクソゲーすぎる(動画まとめ)

Twitterでいろいろと話題になっているのが、ファイナルソードのアクション性です。

見た方が早いと思うので、一気に貼っていきます!!

ツッコミどころ満載なのでぜひ見てください。

床が…

攻撃できてる?

ハメられた…

これで?

雑すぎでは?

次の展開が読めずハラハラするので、こういうゲームの方が逆に良いのかもしれませんね。

タイトルから期待していた人は、かなりショックでしょうが…。

評価は

パクり疑惑があったせいかニンテンドーeストアでまさかの配信停止となってしまいました!

こちら

リリースしてわずか4日で停止になるとは…。

製作会社のエイチユーピーゲームズのコメントは以下です。

この疑惑について、弊誌からエイチユーピーゲームズに実際に問い合わせてみた。まず無断使用については、弊誌の問い合わせで初めて知って驚いたとコメント。「対象BGMの使用について問題はないのか」という問いに対しては、「この楽曲の著作権を持つ会社から権利のライセンスを購入し、ゲームに適用させていただきました。ただ、確認のため、その点については著作権者に問い合わせをさせていただきます」との返答。「任天堂からライセンスを得たのか」と再度問い合わせてみると、「弊社では音楽を販売している会社からライセンスを購入して使用しており、現在音楽を販売している会社に問い合わせをしています。問題があれば、任天堂と相談しながら対応させていただきます」との回答を得た。

BGMについては権利を購入したとのことですが、タイトル画面とか考えると簡単には納得できないですね。

配信停止になっているので、今後どうなるか対応待ちです。

評価については特に知りたくないかもしれませんが、一応載せておきます。

クソゲーという風にプレイすると満足できる?のかもしれないですね。

まとめ

今回はTwitterで話題になっていた『ファイナルソード』についてまとめてみました!

スイッチ向けはすでに配信停止されているのでプレイできないのが残念ですが、再度リリースされることがあればプレイしてみたくなりました。

ラストはどういった感じで終わるんですかね?そこが一番気になります(笑)

ということで最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました