【毎日新聞記者】宮﨑稔樹の経歴・プロフィールや出身大学は?

     
人物

毎日新聞記者の宮崎稔樹さんが世間で話題となっているようです。

新聞記者の方といえば頭が良く行動力がある人という印象がありますが、宮崎稔樹さんも幼少のころからそのような片鱗があったようです。

調査してみたところ宮﨑稔樹さんはすごい方ということが分かりました!

今回は「【毎日新聞記者】宮﨑稔樹のプロフィールや出身大学は?」ということで、毎日新聞記者である宮崎稔樹さんについて、経歴やプロフィールについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

宮﨑稔樹の経歴・プロフィール

名前:宮﨑稔樹(みやざきとしき)
年齢:不明(30歳前後)
出身地:長崎県
趣味:囲碁

宮﨑稔樹さんは長崎県出身の方で毎日新聞の記者から転職され、現在はJICA東南アジア・大洋州部フィリピン・ミンダナオ担当として活躍されています。

出身学校も高校までは、島原市立第三小学校→島原第二中学校→長崎県立島原高等学校と地元の学校に進学しています。

2021年度の島原高等学校の偏差値を確認したところ、53~63程度で学科によって偏差値に違いがあるようです。

それでも一般的な感覚だと普通~頭が良いというぐらいですかね。

高校の頃は、精力的に活動されていたようで、島原高校の合唱部に2年生のときに所属し部長を務めていました。

かなり人数も多かったようですが、2年生から合唱部に所属して部長になったということは合唱やリーダーとしての才能があったのかもしれません。

 

大学は東京の早稲田大学に進学し地元長崎県を離れました。

早稲田大学ではさまざまな経験をされたようです。

スポンサーリンク

宮﨑稔樹の囲碁の実力がすごい

プロフィールを見ただけだと普通の男性というイメージですが、宮﨑稔樹さんの趣味でもある囲碁の才能がすごいんです!

小学5年生の頃に「ヒカルの碁」を見たことがきっかけで囲碁を始めました。

小学生で囲碁というと難しそうですが、ヒカルの碁はかなり人気でしたから興味をもつことは納得できます。

囲碁を始めてからはめきめきと上達し中学校・高校で全国大会に出場するほどの実力となりました。

いろいろと考えて表現することが好きで囲碁もそれに通ずるところがあるとご自身の性格にあっていたようです。

現在の新聞記者という仕事も似たようなところがあるのかもしれませんね。

大学でも囲碁部に所属していてその際は海外の方とも囲碁を通じて仲が良くなったりと、囲碁によって若いころの人生のさまざまな経験されたようですね。

どういったことがきっかけで自分の人生に影響を与えるのかはわからないものです。

スポンサーリンク

宮﨑稔樹は早稲田大学出身

早稲田大学の社会学部に進学してからは、十大学合同セミナーという学術団体でディスカッションのようなことを行っていたそうですよ。

さまざまな意見をぶつけあい結論を導きだしていくという、ジャーナリストにも繋がるような経験は大学生の時にしていたんですね。

このときもリーダーとして活躍していて周りからも認められるような実力や信頼があったのは間違いないようです。

また幼少期に発生したテロや戦争などをきっかけに平和について考え、バックパッカーとしてさまざまな国に訪れたことが現在にも生かされることになりました。

学生時代から自分の思いに対する行動力はかなりあったんですね~。

スポンサーリンク

毎日新聞の記者からJAICに

毎日新聞の記者となってからは、事件や事故について取材する一方で、AIやデジタル花嫁といった進化していく未来についても取材されています。

(デジタル花嫁というもの知りませんでしたが、このように記者の方が記事にしてくれることで新たな発見となるのは面白いですね)

 

また、新聞記者として経験したことを活かしJICA東南アジア・大洋州部フィリピン・ミンダナオ担当として国際協力・平和支援に従事しています。

こちらも小さいころの疑問が大人となって世間に発信するほどの世界の平和や支援についてのきっかけになったようです。

 

自分が興味をもったことに対しては全力で取り組むのがジャーナリスト宮﨑稔樹さんということが分かりますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「【毎日新聞記者】宮﨑稔樹の経歴・プロフィールや出身大学は?」という題名で宮﨑稔樹さんについてご紹介しました。

宮﨑稔樹さんについてまとめると、

中学校・高校で囲碁で全国大会出場
早稲田大学でリーダーシップ・人に伝えることを学んだ
JICA東南アジア・大洋州部フィリピン・ミンダナオ担当として国際協力従事

ということです。

まだまだお若いのでこれからも改めて記者としてもさまざまな情報を発信していろいろな気付きを与えていただきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
スポンサーリンク
ぜろろぐ
タイトルとURLをコピーしました