北海道新聞の逮捕記者は誰で名前は?早稲田大学出身の女性記者!

     
ニュース

北海道新聞旭支社の記者の女性が旭川医科大に不法侵入したとして22日に現行犯逮捕されました。

この女性記者はまだ22歳という若さであり、このような行動を起こしたことに違和感を覚えている人も多いようです。

若気の至りという理由では片づけられないのではないでしょうか。

この女性記者がいったいどういった方なのか、名前が判明したようです。

スポンサーリンク

北海道新聞の逮捕記者は誰?名前(実名)も判明!

どのメディアでも逮捕された記者の名前や顔画像は報道されていませんでしたがネット上ではすでに女性記者の実名が判明していました。

旭川医科大に侵入して現行犯逮捕された北海道新聞旭川支社の女性記者の名前は「鳥潟かれんというようです。

めずらしい名前なのでこの方が他に北海道新聞旭川支社で取材した記事などは無いか調査してみましたが、見つかりませんでした。

まだ22歳という年齢なので大学を卒業して今年になって北海道新聞旭川支社に就職したと考えると、時期的にみてもまだ現場慣れしていないということも考えられます。

スポンサーリンク

鳥潟かれん記者は早稲田大学出身

顔画像などの発見はできませんでしたが、鳥潟かれん記者は早稲田大学出身ということが明らかになっています。

早稲田大学在学時にも団体インタビューなどの記者活動を何度も経験しているようで、記者になるのはご本人の夢だったようですね。

鳥潟かれん記者の大学在学時の団体インタビュー記事

このような学生インタビューと実際の現場のスクープを入手するのは難しさがかなり違いそうですね。

今回の現行犯逮捕の件は不本意だったでしょうが、学生時代からの夢であったジャーナリストとなったことで、気持ちが先走ってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

不法侵入の理由はなぜなのか

鳥潟かれん記者はなぜ今回のような不法侵入という行為をした理由は何だったのでしょうか。

鳥潟かれん記者が現行犯逮捕された日は不適切発言で問題になった旭川医大の吉田晃敏学長の解任を審査する学長選考会議が開かれていました

この件について詳しい情報をスクープするために旭川医科大に不法侵入した可能性が高いです。

現在の旭川医大は感染拡大防止のために、学外者の入構を禁止しているのでまだ22歳の鳥潟かれん記者であれば学校内に侵入しても発見される可能性が低いという判断だったのかもしれませんね。

本人の供述によると「会議の場所を探すために入った」ということのようなので立ち入り禁止だったことを知らなかったということも考えられますが…。

スポンサーリンク

上司の指示の可能性も

今回の女性記者の現行犯逮捕についてネット上では、22歳という年齢から上司の指示で不法侵入したのではないかという憶測もでています。

4月に新卒として入社したのであれば鳥潟かれん記者歴としては、まだ2カ月ほどしか経っていません。

そんな中で世間で話題になった吉田晃敏学長のスクープを新人記者一人に任せるのだろうかという理由です。

たしかに会社的にもかなり重要な報道となりますし、新人記者に担当させるには大きすぎるニュースではあります。

実際の真相はどうなっているか分かりませんが、もし上司の指示であったのであれば入社2カ月の若手が拒否するということは難しいように思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「北海道新聞の逮捕記者の誰で名前は?早稲田大学出身の女性記者!」ということで、北海道新聞の鳥潟かれん記者についてまとめました。

北海道新聞旭川支社所属の女性記者の名前は

・鳥潟かれん

・出身大学は早稲田大学

ということです。

新人の記者による不法侵入での逮捕というものはなんとも言い難い事件となりました。

22歳という若さでの行動力ということを考えると素晴らしいものかもしれませんが今回の結果は許されることではありません。

これをきっかけに周りに迷惑をかけない取材者となっていただきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
ぜろろぐ
タイトルとURLをコピーしました