現場猫の作者は誰?くまみね氏の元ネタの電話猫画像から人気に

     
生活

最近、現場猫といわれる緩いキャラクターが話題になっていますね!

現場猫はラインスタンプやぬいぐるみになるほどの人気で工事現場のキャラクターにも使用されるほど浸透してきています。

昔からなめ猫などの猫のキャラクターは人気がありましたが、今の時代は現場猫というキャラクターが人気のようです。どの時代でも猫は愛されているということなんですかね。

今回は現場猫の作者は誰?ということで現場猫の作者や元ネタになった電話猫についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

現場猫とは

まずはかなり人気になってきているキャラクター、現場猫についてご紹介しますね。

現場猫はこういったキャラクターになります↓

かなりゆるいキャラクターなのが特徴で何ともいえない癒しキャラでもあります。

どことなく不安になるような表情とよくわからない不思議なポーズで安全性はどこにあるの?という感じですが、この憎めないキャラクターが人気になりました。

スポンサーリンク

現場猫の作者は誰?

かなり世間にも浸透してきた現場猫を生み出した作者は誰なのか気になりますね!

現場猫の作者は「くまみね」さんという名前のイラストレーターです。

ですが、くまみねさんが現場猫を生み出したわけではありません!

くまみねさんは現場猫の元ネタになった「電話猫」というキャラクターの作者さんです。

2016年にくまみねさんが投稿した「電話猫」が画像掲示板の「ふたば☆ちゃんねる」で話題になり、色々なコラ画像が作られるようになりました。

そこで電話猫のコラ画像として、現場猫も生まれることになりました。

 

くまみねさんはLINEスタンプも販売しているので、気になる方はご購入ください!

仕事猫LINEスタンプ

スポンサーリンク

現場猫のポーズが気になる!

電話猫を元に生まれた現場猫ですが、ヨシ!という掛け声と右足をあげたポーズはいったいどこから来たのでしょうか…。

実は現場猫のベースとなったものがあるようで、そちらも紹介します。

・現場猫のポーズの元

現場猫の何ともいえないポーズにも実は素材があるんです。それが、素材サイトのソザイングの「人型オブジェクト 怒る」という画像です。

こう見たらそっくりなポーズしてますよね!地団太を踏んでいるポーズのように見えますが、元の画像は怒っていたようです。

・ヨシ!という掛け声

現場猫のキャラクターを見てもうひとつ気になるものはヨシ!という掛け声です。この掛け声の元ネタは「中央労働災害防止協会の指差し呼称シール(ヨシだ君)」からです。

ヨシ!という文字そのままですが、こちらは現場猫のようなイメージではなく、注意喚起の画像となっています。

ポーズやキャラクターが違うだけでここまで変わるんですね(笑)

・くまみねさんの電話猫

最後の元ネタが先ほども紹介したくまねこさんの「電話猫」です。

電話猫がポーズと言葉を変更されて生まれたのが現場猫ということでした。

それにしてもここまでの人気になるとはくまねこさんも「ふたば☆ちゃんねる」の方たちも思わなかったでしょうね。

スポンサーリンク

著作権ってどうなってるの

現場猫はネットから登場したキャラクターですが、元ネタの電話猫はくまねこさんが生み出したキャラクターですよね。

色々とぬいぐるみなどのグッズも生み出されていますが、キャラクターの著作権はどうなっているのでしょうか。

電話猫の作者のくまねこさんはこのように語っていました。

基本的には上記イラストのように、安全は現場に任せていますので
イラストのコラとかそんな感じのやつは泳がせています。
なので「アレは無断コラなんじゃないの!?」とかは報告してもらわなくても大丈夫です。

出典:https://kumamine.blogspot.com/2018/07/blog-post_22.html

作者のくまねこさんもネット上で遊んだりする上では問題ないとのことなので、ここまで盛り上がったようですね。

ちなみに商用目的などの使用はNGなので、販売などは個人では許可が必要です。

スポンサーリンク

現場猫のコラ画像

最後に現場猫のコラ画像を紹介して終わりにしますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「現場猫の作者は誰?くまみね氏の元ネタ電話猫から人気に」と題して現場猫の作者や元ネタの電話猫についてご紹介しました。

元ネタがあるにせよ、ネットの盛り上がりから世間でも人気になるのは凄いですね。

最近はこういったキャラクターのグッズや書籍化が増えいますね。ゆる~いキャラクターが望まれているのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました