葛飾区の交番でわいせつ行為の犯人は誰?顔画像や名前の特定は?警察官不在を知っていたのか

     
事件・事故

16日の未明に東京・葛飾区で20代の女性が男にわいせつ行為にあう被害がありました。

女性は近くの交番に逃げ込みましたが、警察官不在でそのままわいせつ行為を続けたとのことです。

なぜ男は交番に逃げ込んだ女性を執拗に追いかけるという行為ができたのでしょうか。警察官不在ということが分かっていたのでしょうか…。

スポンサーリンク

東京・葛飾区の交番で女性にわいせつ行為

この事件が起きたのは、9月16日の未明の東京・葛飾区です。

葛飾区の路上を女性が歩いてきたところ、自転車にのった犯人の男から「かわいいね」と声をかけられ身体を触られました。

女性は近くにあった南水元交番に逃げ込みましたが、残念なことに警察官が不在で交番内でさらに胸を揉まれるなどの、わいせつ行為に及ばれたそうです。

女性が抵抗したことで、ようやく男は逃走しましたが、男は交番に警察官がいないことを知っていたのでしょうか。

警察庁は現在、強制性交未遂事件として防犯カメラの映像を解析し当時の状況や男の行方を調査しています。

スポンサーリンク

犯人の男は誰?名前や顔画像は?

今回のわいせつ行為に及んだ男については、若い男性で自転車に乗っていたという情報しか出ていないようです。

ですが、交番内に逃げ込んだ女性を追いかけたことや自転車に乗っていたことから、土地勘があり近くに住んでいる住人の可能性は高そうですね。

それにしても交番内まで追いかける執拗さは、かなりの恐怖ですね。

さらなる女性の証言や防犯カメラの映像により、今後明らかになってくると思います。

新たな情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク

わいせつ行為が起きた交番の場所はどこ

事件が起きた場所は、東京・葛飾区にある南水元交番です。

住宅街にある交番のようで、夜遅くになると人通りも少なく、犯行がバレにくいような場所です。


 

女性へのわいせつ行為が起きた南水元交番ですが、今年の4月にも交番相談員の男性職員が包丁で襲われるという事件が起きています。

スポンサーリンク

SNSなどのネットの反応

せっかく交番に逃げ込んだのにも関わらず、おまわりさんが居なかったのは残念。
被害者は、とても怖かったと思う。
加害者もおまわりさんが居ないのをいい事に、わいせつを辞めないと言うとんでもない男だ。
不在になるのは仕方がないと思うが、この事件の様な場合に助けを求め逃げ込んだ場合等どうにか対策をできないものですかね?
助けを求めた先に人が居なかったのは本当に気の毒としか言えません。
四六時中警察官を常駐させる訳にもいかないでしょうし、難しいところですね。
今回警察に落ち度はなく、悪いのは100%このチカン野郎です。

交番内の監視カメラ等から顔や身なりは分かっていると思うので、必ず捕まえて、然るべき罰が与えられることを願います。

たしか警察官不在の交番で人が刺された事件があって、以降は最寄りの警察署に繋がるインターホンみたいなのが設置されているけど、交番内や交番前をモニターする防犯カメラは設置していないのかな?無いのなら可能な限り設置すべきでしょうね。
こういう記事をみると、なんで交番駐在所に警察官がいないんだ、いつ行ってもいない!という批判コメントがあがると思いますが、交番駐在所にいたくても、事案などでいれないというのが現実のようです。

それに警察官の仕事は交番駐在所に居ることだけが仕事ではないので。パトロールなども仕事ですからね。

完全に解決するには警察官の数を増やすしかないのだと思います。

とても難しい問題ですね。
お巡りさんも交番にずっと常駐していられるならずっといると思います。
不在ってことはパトロールなり事件対応なりしてるってことでサボってる訳ではないですもんね。
今回の件、警察に落ち度はないし、被害者ちももちろん落ち度はない。犯人が悪いだけ。
とはいえ、更なる犯罪になってた可能性もある。
防犯ブザーを持ち歩くのも1つの防衛手段として大人でも必要なんだろうなぁ。

交番警察官いないこと結構多いんですよ。駐在所ならともかく、交番って3人くらいいるでしょ?なのに全員いないこと多くて、必死に駆け込んでもそこでも襲われてって悲しすぎる。なんとか1人は必ず残るようにするのは難しいのか。
タイトルとURLをコピーしました