ワッキーの中咽頭がんとは?原因や治療はできる?休養と復帰の時期も

芸能人
スポンサーリンク

ペナルティのワッキーさんが、中咽頭がん治療のため、しばらくのあいだ仕事を休養し治療に専念するとの発表がありました。

芸能界で長く活躍されているかたの、衝撃的な話題のためかなりニュースになっています。

ワッキーさんが発症したがんの内容や今の状態について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

ペナルティのワッキーが咽頭がんを発症

ペナルティのワッキーさんが咽頭がんを発症し、8月末まで休養するとの発表がありました。

現在は早期発見により、ステージ1の初期の中咽頭がんと診断されたそうです。

治療のための入院で6月8日から約2ヶ月とのことです。

相方のヒデさんもツイートされています。

中咽頭がん とは

中咽頭がんとはどういった症状なのか、簡単に説明します。

咽頭とは、鼻の奥から食道まで約13cmある食べ物や飲み物、空気などが通る部分のことです。鼻から喉にかけてのイメージでしょうか。咽頭のなかでさらに3つに分かれており上から、上咽頭、中咽頭、下咽頭となっています。

今回ワッキーさんが発症したがんは、咽咽頭の真ん中にある”中咽頭”というところです。

引用:がんの先進医療 蕗書房

日本人の頭頸部がん(脳、脊髄、眼球などを除いた、首から上にできるがんの総称)全体の12.1%を占めています。

年齢50~70歳代で発症が多く、男女比は2~4:1です。ワッキーさんの年齢は47歳なので、年齢的にも発症しやすい時期ですね。

原因と症状

中咽頭がんが発症する原因

咽頭がん自体の発生確率は女性に比べ男性が10倍ほど高く、そのなかでも喫煙者率は90%を超えているそうです。

また、以前はタバコ・アルコールが原因とされていましたが、現在ではHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染によって中咽頭がんとなる人が増えているそうです。

HPVの説明は下をご確認ください。

HPVは子宮頸がんの原因ともなるウイルスです。オーラルセックスなど性行為の多様化が、中咽頭がんを増加させる背景となっています。HPVが中咽頭の粘膜に感染し、そこにがんを発生させるのです。HPV感染による中咽頭がんは、女性にも男性にも発症します。また、比較的若い年代でも発症します。

引用:がんの先進医療 蕗書房

ワッキーさんが喫煙されているかは確認できませんでしたが、芸能人の方であれば飲み会や会食なども多そうなので喫煙やアルコールの摂取は一般の方より多いかもしれませんね。

中咽頭がんの症状

中咽頭がんの症状としては、

・飲み込むときの違和感
・のどの痛み
・しみるかんじ
・血痰
・首のリンパ節の腫れ
・頸部リンパ節腫大に伴う頸部のしこり
ワッキーさんは4月上旬に首にしこりのようなものを感じたとのことですので、中咽頭がんの初期症状として当てはまっていますね。

ワッキーのがんの状態と治療は?

ワッキーさんのがんの状態と今後の治療等はどうなっているのでしょうか?
吉本興業の発表によると、早期発見のため、命に係わるほど重症ではないようです。
所属する吉本興業によると、ワッキーは4月上旬に首にしこりのようなものを感じ、都内の病院で複数回の検査を受け、初期の中咽頭がん(ステージ1)と診断された。医師と相談し、外科手術は行わずに放射線化学療法で治療することを選択したという。8日から7月下旬まで入院して治療に専念する。8月末まで休養する予定。

中咽頭がん(ステージ1)

中咽頭がんのステージ1についてまとめます。
咽頭がんのステージ別の5年生存率としては、
ステージ1:97.8%
ステージ2:84.9%
ステージ3:82.2%
ステージ4:46.4%
ステージ3までの生存確率は高いですが、ステージ4になると一気に5年生存率が下がります。
ワッキーさんはステージ1なので、治療さえ成功すれば命に係わるほどがんの進行がすすんでいるわけではなさそうです。
同じように咽頭がんを発症した、ミュージシャンのつんく♂さんは「ステージ2の喉頭がん」と診断されたそうです。

放射能治療

ワッキーさんは、外科手術でなく放射線化学療法で治療するとのことですのでこちらもまとめてみます。

放射線科学治療は咽頭がんの早期治療の場合もっとも有効な治療方法になります。

咽頭の手術もなく声帯も今までのまま残ります。早期発見の場合はよいですが、進行して大きくなったがんには照射の限界があります。

日々、声を使うワッキーさんにとってはもっとも良い治療法のようです。

 

ワッキーに対して応援の声が多数

 

他にも、ワッキー頑張れ!元気になってまたギャグを見せてね、など数おおくの応援の声が届いていました。

一般の方だけでなく、企業やサッカー関係の方たちからもツイートがあり、サッカー好きのワッキーさんの人気が窺えました。

まとめ

今回、ワッキーさんが発症した中咽頭がんについて調べてみましたが、早期発見により放射線化学療法で治療できるようで少し安心しました。

治療がうまく行っても再発の可能性もあるのでまだまだ安心とはいきませんが少しでも早く良くなってくれればと思います。

ワッキーさんの一発ギャグには昔から笑わせてもらっているので、がん治療が終わったら改めて元気な姿を見せてほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました